月別アーカイブ: 2015年5月

開運神社のパワースポットとご利益

多くの若者がパワースポットとして開運神社に出かけている

kandamyoujin神社は東京等の都会にも沢山存在しています。多くの若者が、パワースポットがある開運神社に出かけているらしいのですが、ご存じでしょうか。開運神社とはどの様な神社で、お参りをするだけで運気が上がると言うのは本当の事でしょうか。
神田神社も開運神社の1つで、東京の明神さまとして親しまれています。長い歴史を持っている神社だという事は間違いありませんが、人気が高まったのは、インターネットに掲載されるようになってからです。

開運神社は一種の流行ですが・・

日本人にとって神社やお寺は、心のよりどころになっており、昔も今も変わっていません。ただ、開運神社は、現代人にとっては一種の流行みたいな物で、注目度も軽いと思います。年の初めには初詣と称して、多くの人が神社を訪れ、願い事をし神様にお祈りをするために、手を合わせます。もちろんこれは、神様が本当に願いを叶えてくれるわけではありません。こうやって自分自身に暗示をかけると、積極的に行動出来るようになるのです。神様は願い事を叶えてくれるわけではありません。願い事は自分で努力して叶えるものなのです。しかしながら、開運神社にお参りをしただけで、願い事を叶える為に頑張る気持が生まれ、高まっていきます。こういう気持ちを持つという事がお参りすることの意味でしょう。開運神社に行くという事は、人それぞれ違う意味があると思いますが、人気のあるパワースポットだから、行ってお参りするというだけでなく、この神社は自分に力をくれるんだ、という気持ちを持ちましょう。

パワースポットとしての開運神社

パワースポットとして色々な神社が紹介されていますが、東京にも神社が沢山あります。もともと、神社は人々の心のよりどころとして作られたもので、それだけ神社で運気を上げたいと思っている人が多いと言う事です。しかし開運神社といっても、一人一人の願い事をすべて叶えてくれるわけではありませんし、お参りをしたからといってすぐに運気が上昇してくる訳ではないのです。私たちが生活していく上で、神の力を感じることはほとんどといっていいほどありません。神の力は人智を超えたところにあるものだからです。自分の望みが叶えば、それを開運と感じるのです。東京観光に来て、開運神社に参拝したところで、直ぐに御利益があると思うのは間違いでしょう。

神社にお参りするのは無駄ではありません

ただ毎日の生活の中で、自分の願いを神様に伝えるために、神社にお参りに行くという行為は無駄では無く、自分の中で何かが変化すると考えられるでしょう。実現への第一歩は願いを強く持つという事です。中には現実的に考えても、自分の力ではどうしようもない事もあるでしょう。でも、何とかしようとする気持ちが、周りの人の気持ちをも動かす力になるかも知れません。
訪れるだけで御利益を貰えると思うのは、甘い考えで大げさに考える必要はありませんが、それなりの強い気持ちを持つことが大事です。神社参拝においては形式があり、決められた手順に沿って参拝する事が大切です。神様の力を信じている人も信じていない人も、等しく御利益があるといいですね。