タグ別アーカイブ: 開運神社

太宰府天満宮で合格祈願

受験の合格祈願は開運スポットで行う神頼みの正しい参拝方法

太宰府天満宮で合格祈願

いくら頑張っても、いや頑張ったからこそ最後の最後は神頼みで最後の一押しをしたくなってしまいますね。日本には学問の神様が祀られている神社が沢山あるので、受験の合格祈願として足を運ぶのも良いでしょう。
合格祈願で有名な神社と言えば、北野天満宮や太宰府天満宮ですが、こちらには、学問の神様である菅原道真公が祀られています。菅原道真公をお祀りしている神社は全国にあり、「天満宮」あるいは「天神」「菅原神社」と呼ばれています。

また、戦国武将が勝利を祈願した場所、落ちないパワースポット等も、受験祈願のスポットになっています。

[ip5_heading type=”h2″ style=”ps” title=”受験の合格祈願の作法” ]

いざ合格祈願に行くとなった時、正しい参拝方法を知らない人は意外と多いものです。
受験の合格祈願につなげる為に、ここで神社での参拝作法をマスターしましょう。
神社で参拝するときの基本中の基本は、「二礼・二拍手・一礼」です。
誰でも聞いたことがあると思いますが、一つ一つの動作を確認すると、意外と間違っているかも知れません。

[ip5_heading type=”h3″ style=”ps” title=”二礼・二拍手・一礼” ]

[ip5_coloredbox color=”colored-box–green” width=””]①最初に、拝殿の正面で軽く一礼する
参拝の前に、まず神様にきちんとご挨拶します。拝殿の正面で軽く会釈をしましょう。[/ip5_coloredbox]

[ip5_coloredbox color=”colored-box–green” width=””]②鈴を鳴らす。
礼をしたら、網を揺らして鈴を数回鳴らします。鈴の音は邪気を払う意味がありますから、しっかり鳴らしましょう。[/ip5_coloredbox]

[ip5_coloredbox color=”colored-box–green” width=””]③賽銭を入れる
鈴を鳴らした後、静かにお賽銭を賽銭箱に入れます。[/ip5_coloredbox]

[ip5_coloredbox color=”colored-box–green” width=””]④二度、礼をする
二回頭を下げてお辞儀をします。神様への敬意を表す為です。 [/ip5_coloredbox]

[ip5_coloredbox color=”colored-box–green” width=””]⑤右手をわずかにずらして、二拍手する
1、胸の高さで手のひらを合わせます。
2、右手を少しずらして二拍手。
3、その後、手のひらをきちんと合わせて祈りを込めます。
4、手を下ろします。 二拍手する事で神様を招き、手のひらを合わせることで神様と一体になり、神様の力を会得できると言われます[/ip5_coloredbox]

[ip5_coloredbox color=”colored-box–green” width=””]⑥一礼して退場する
最後に一礼をして、右足から後ずさりして、拝殿を後にします。[/ip5_coloredbox]

これが参拝の基本です。神様にお願いしたことで、心が落ち着くこともあります。もっと本格的にお願いしたい場合は、「御初穂料」を神社に納めて、神主さんに祈祷をしてもらうのも良いでしょう。

[ip5_heading type=”h2″ style=”ps” title=”受験の合格祈願絵馬の書き方” ]

さまざまな願いを託す絵馬ですが、正しい絵馬の書き方ってあるのでしょうか?絵馬は、生きた馬を神様に奉納したことに由来しています。馬は高価な為、馬の代わりに、板に馬の絵を描いて奉納したのが絵馬のはじまりで、長い歴史があるのです。

現在の絵馬は、「○○○○絶対合格」等の願いごとと、名前、住所を書くのが一般的です。しかし、個人情報を書くことに抵抗感がある人も多いでしょう。名前と住所については特に決まりはなく、最近ではイニシャルの方も多いそうです。

一方で、絵馬に名前や住所を書くのは、厄除け・安産などの祈願で神職が名前や住所を奏上するのと同じ事、と太宰府天満宮の方は言われています。現実的には、住所は詳しく書かなくても良いという事です。

願いごとの正しい書き方は、「気持ちをこめて書く」、これだけです。更に、大切なのがお礼参り。お願いしっぱなしはいけません。お礼参りの方法は、手を合わせてお参りする、絵馬に書いて奉納する、どちらでも良いそうです。

[ip5_heading type=”h2″ style=”ps” title=”受験の合格祈願スポット” ]

●東京「上野大仏」 :〒110-0007 台東区上野公園 4-8番

受験を控えた人の「合格祈願」で人気となった「上野大仏」は、幾多の災難から「これ以上は落ちない」として、受験シーズンの他、年中合格祈願にやってくる人が急増。知る人ぞ知る東京の合格祈願のパワースポットです。

●東京「亀戸天神社」 :〒136-0071東京都江東区亀戸3丁目6番1号

年間を通じて学業成就、合格祈願に訪れる人々で賑わっている亀戸天神。申込をすれば「学業成績・試験合格」のご祈願も受けることができます。

●東京「湯島天満宮(湯島天神)」 :〒113-0034 東京都文京区湯島3-30-1

東京の湯島界隈は全国一と言っても過言ではない大学密集地帯。湯島天満宮は、大学の下見も兼ねて合格祈願できるパワースポットとして有名です。

●千葉「櫻木神社」 :〒278-0032 千葉県野田市桜台210

「合格」と言えばやっぱり“サクラサク”
「サクラサク」の縁起の良さ、かわいい御朱印帳や御朱印にお守りなど魅力満載の神社です。
櫻木神社の桜は春だけでなく秋冬にも咲いています。1年のほとんどの期間桜が咲いている櫻木神社の縁起の良さにあやかりたいものです。

●埼玉「忍城」 :〒361-0052 埼玉県行田市 本丸17-23

忍城は映画『のぼうの城』の舞台になったお城。石田三成による大仕掛けの水攻めにも陥落しなかったため、水没することのない、浮き城の異名がつ

●京都「北野天満宮」 :〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町

北野天満宮の御祭神は、学問の神様菅原道真公。道真公にあやかろうと受験生が押し寄せることで有名。

●大阪「勝尾寺」 :〒562-0021 大阪府箕面市粟生間谷2914-1

かつて、時代の名だたる将軍や武将が戦の勝利を祈願したという、勝運信仰が脈々と続く勝尾寺。
願いが成就した参拝者たちの数多くのダルマの光景を見ていると、縁起のいい勝利のパワーが伝わってきます。

●福岡「太宰府天満宮」 :〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号

合格祈願をして、勉強の成果を発揮できたらお礼参りも忘れずに。

●石巻「釣石神社」 :〒986-0201 宮城県石巻市北上町十三浜字追波305

宮城県石巻市にある釣石神社。この神社にある岩は、度重なる災害にも落ちずに耐えたことから、近年では受験や就職の際の「落ちない」ご利益にあやかろうという人が急増。

合格祈願が終わったら静かな心で受験本番を迎えましょう。試験も高校や大学で終わりではなく、資格試験や昇進試験も待っているかもしれません。
一生懸命やればきっと報われます。受験当日は合格祈願に行った事を思い出し、落ち着いて全力を出しましょう。小学校受験など子供さんも大変ですが、小学校に背負って行く人気のランドセルを購入したら、是非神社に背負って行き合格祈願をしましょう。健気な姿に神様も良い結果を与えて下さるかも知れません。

若者にとっての開運神社

東京の若者と開運神社との関係は、関心が無さそうに思いますが、実際は全く違います。パワースポットをゲーム感覚で参拝していく、言わば「神頼み」する若者が増えています。しかし、興味本位で開運神社にお参りしたついでに神様にお願いするような参拝では、簡単に運が向いてくるはずがありません。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”日本人は昔から神社に参っていた” ]
日本人は昔から、神社の祭りをとても大切にしてきました。お祭の意味合いは昔の人と現代人の考えとはかなり違っていることでしょうね。それでもインターネットが普及した現代でも、開運神社に人々がお参りに集まってくるのは何故かと考えると昔の人と共通した事があるように思います。人間は、理屈では捉えられない事に関心を持ち強く惹かれます。若者が神様のことを普段考えているはずはないんですが、その若者が神社に来ると自然と神妙に合掌してしまう。ここに歴史の変遷の中でも変わらない日本人の姿があります。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”神社の歴史を知ると身近になる” ]
東京の神社には、観光客も含めて外国人の方も沢山参拝されていますが、是非その神社の歴史を知る事をおすすめします。そうすれば神社をさらに身近に感じられます。

昔の人は、願い事がある時だけ神社にお参りに行くのではなく、神社にお参りをする習慣は生活の一部でした。
そして現代を考えてみると精神的な拠り所を求めている現代人にとっては、神社はとても良い拠り所となるスポットと位置づけられます。

人に相談できないような困りごとを手を合わせて神様に相談すれば、いい解決方法が出てくるかも知れませんね。若者が神社に興味を持つことは、自然な成り行きとも言えますし、とてもいい事です。

開運神社やパワースポットでの開運グッズ

開運神社をいろいろと調べてみると、開運神社は東京にもたくさんあるので、東京に住んでいれば、毎日でもお参りすることができます。東京に住んでいれば、地方にお住まいの方は、東京観光にでも行かなければ開運神社をお参りする事は出来ません。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”開運グッズが人気になっている” ]
そこで直接お参りができない人の間で人気になっているのが、開運神社やパワースポットで販売されているグッズなのです。パワースポット等で販売されている色々な開運グッズは、身に着けているだけで運気が上がると信じられています。
しかし、実際に神社でお参りをすると、自分を見つめ直すきっかけにもなりますので、御利益を貰った訳ではないけれども、自分の行動を改めた結果、よい方向に向かえば嬉しい事です。自分が信じていれば、本当のところはどうでもいいのです。
開運神社では、自分がどのようなご利益を求めているかも重要です。開運だけでなく、縁結びの神様、安産の神様等ありますが、たいていはいろいろな願い事を叶えてくれます。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”おみくじとお守り” ]
おみくじとお守りは、神社で購入できる定番のグッズで、買い求めたお守りは身につけたり、毎日持っているバッグの中に入れても良いですし、おみくじを読んだ後は境内に結んで帰ります。パワーグッズを持っていると、あなたの周りでも良い事が起こるかも知れません。神様の力だけを頼りにするのではなく、願いが叶うことを強く信じる事が大切です。自分が積極的に思えば、明るい未来が訪れるに違いありません。
神様のことを考えて日常生活を送る人は少ないと思いますが、お守りを見ることで神様を再認識することができるでしょう。

開運神社で家内安全、健康を祈願する

開運神社に参拝すれば、自分に御利益があるかと言うとそれは定かではないことです。ですが、多くの人が開運神社に願掛けをしに行きます。開運神社は都会である東京にも数えきれないくらいあります。神社自らが開運神社として宣伝しているわけではないんです。インターネットを使う事で多くの人が注目するようになったのがその理由なんです。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”安産や家内安全、健康を願って参拝する人も多い” ]
開運神社にお参りをする方は、もちろん運がよくなれば良いなと思ってはいますが、それよりも毎日を健康的に過ごすことの方が大切と思っている人も多いんです。安産や家内安全、健康などを願ってお参りをしているんです。それとか厄年にあたっている人は厄払いのために開運神社にお参りしています。明確なご利益があるのかどうかは解らないのに、日本人は昔から神社と仏様にお参りをする習慣があります。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”インターネット時代は開運神社に参拝する人が増えている” ]
現代はインターネットの普及によって情報がすぐに伝わるので、特別に信心深くない人でも、開運神社に参拝する傾向は強くなっています。東京のパワースポットにも人気ランキングがありますが、人気があるから神社に行ってみようというミーハー的考えではなく、折角行くんですから、自分の願いを聞いてもらうように参拝しましょう。特に健康は何事にも優先するので、しっかりお願いをしましょう。

でも神様へのお参りが不足すると病気になったり、悪い事が起こると思う方もいるようですが、そんな事はありません。そんなことは深刻に考えないで下さい。神様は平等なので、真剣に願っている人ほど御利益があると考えればいいんです。パワースポットで運気を高めましょう。そうすれば誰にでもいいことは起きることでしょう。

開運神社と御利益

開運神社にお参りをすると、どれくらいのご利益があるかはわかりません。でも、開運神社として東京だけではなく、日本全国で多くの人に知られており、人気の高い神社があります。神社ですから、開運のお参りだけではなく、一般の参拝客もいらっしゃいます。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”ご利益が本当にあるのかはわからなくても参拝する” ]
お参りすることでご利益があると言われれば、当然のことながら期待してしまいますが、本当に御利益があったのかどうなのかは、誰にも解らない事なのです。またもしも、運が悪かったとしても、それを神社のせいにする人などいないでしょう。

インターネットで検索すると開運神社とか、パワースポットと呼ばれている神社が東京にも沢山あるんですよ。でも地元の人もそう思っているかどうかは不明ですが、神社の近くに住んでいれば、お参りは毎日の日課になるでしょうね。でも、それだけで運気が上がると言うのならば、神社の近くに住んでいる方達は、皆お金持ちばかりになってしまいますが、実際にはそんなことはありません。だから御利益を貰う事ばかり考えずに、観光のついでに神社にお参りするくらいでもいいのではないでしょうか。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”人気の開運神社には多くの人が訪れる” ]
人気の高い開運神社には、多くの人が訪れています。火のないところに煙は立たない、の諺通り、多くの人がその神社を開運神社と考えには、それなりの理由があるにはあります。
特にお正月には東京の開運神社は、凄い人出です。神様はこんなにたくさんの人にご利益を撒いて下さるものでしょうか。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”自らの心を整理して自分に変化を起こす” ]
神様にお参りするのは、自分の心を整理し、願い事をし、強く願うことで自分の表情や行動に変化を起こす為です。そしてそれが良い方向に向かえば、御利益があったと思うのです。強い思いを持てば、願いも叶うでしょう。

開運神社の歴史を紐解く

東京には人気のスポットである開運神社が沢山あります。2,000年近くの歴史を持っている開運神社から、明治時代になってから創建された神社まで、それぞれの歴史は様々違っています。開運神社としての力は、古い神社だから強いと言う訳ではなく、本来はどの神様も同じように、人間に御利益を与えてくれるものなのです。ただ、神様の世界も不思議なもので、縁結びの神様、家内安全の神様、商売繁盛の神様などと、神様の性格や流れが色々とあるのです。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”神社には森や林がつきもの” ]
日本の歴史を紐解けば、神様は本当によく登場するのです。神社はその時々の権力者たちが、神様を崇め奉るために造ったもので、それはそのまま地域の人々の心の拠り所になりました。東京にある神社では、長い年月の末に巨木となった、ご神木が祀られているのです。これから先、新しい神社が作られるかどうかわかりませんが、神社には森や林が付物です。年月が経つうちに、造られた当時は人工的だとしても、そのうち自然の森になるでしょう。
[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–medium” title=”明治神宮は全国から木々を集めて人工的な森を作った” ]
明治神宮がそのよい例で、全国から集められた木々で人工的な森を作ったのです。今ではご存知の通り、多くの人が訪れる立派な公園になっているのです。明治神宮は明治天皇が祀られています。開運神社として知られている神社の歴史を知っておけば、参拝するときの気持ちが、一層神様に近づくでしょう。そうしたら、神様の御利益を貰え、願い事が叶うかもしれません。