タグ別アーカイブ: 歴史

開運神社の歴史を紐解く

東京には人気のスポットである開運神社が沢山あります。2,000年近くの歴史を持っている開運神社から、明治時代になってから創建された神社まで、それぞれの歴史は様々違っています。開運神社としての力は、古い神社だから強いと言う訳ではなく、本来はどの神様も同じように、人間に御利益を与えてくれるものなのです。ただ、神様の世界も不思議なもので、縁結びの神様、家内安全の神様、商売繁盛の神様などと、神様の性格や流れが色々とあるのです。
[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–medium” title=”神社には森や林がつきもの” ]
日本の歴史を紐解けば、神様は本当によく登場するのです。神社はその時々の権力者たちが、神様を崇め奉るために造ったもので、それはそのまま地域の人々の心の拠り所になりました。東京にある神社では、長い年月の末に巨木となった、ご神木が祀られているのです。これから先、新しい神社が作られるかどうかわかりませんが、神社には森や林が付物です。年月が経つうちに、造られた当時は人工的だとしても、そのうち自然の森になるでしょう。
[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–medium” title=”明治神宮は全国から木々を集めて人工的な森を作った” ]
明治神宮がそのよい例で、全国から集められた木々で人工的な森を作ったのです。今ではご存知の通り、多くの人が訪れる立派な公園になっているのです。明治神宮は明治天皇が祀られています。開運神社として知られている神社の歴史を知っておけば、参拝するときの気持ちが、一層神様に近づくでしょう。そうしたら、神様の御利益を貰え、願い事が叶うかもしれません。